在宅訪問サービス

img_03

少しでも
負担が減るように
お手伝いします

在宅訪問サービスとは?

介護施設における薬剤管理をサポートいたします。

・薬を取りに行くのが困難・・・
・施設入居者様のお薬を毎食ごとに管理、準備するのが大変・・
・少しでも仕事の負担を削減したい・・・
・お薬の飲み合わせやその時の体調で専門家に相談したい・・

「薬局」が管理を一任し、お届けいたします。

薬剤師が薬局にて、日付別・食事別・ご入居者様別に小分けし、管理された状態でお届けいたします。″専用の配薬トレイ″の使用、お薬の″粉砕″や″一包化″の提案により、患者様ご本人はもちろん、ご家族や施設の職員の方々による薬剤管理の負担を軽減出来ます。薬剤師が直接お薬をお届けいたしますので、日々の健康状態のお悩みなど直接相談もお受けいたします。

「在宅訪問サービス」の3つのメリット!

薬剤管理システムの導入で管理負担を軽減

薬剤管理システムとして、「ラーテル」を導入しています。お薬は管理用の専用トレイに配薬済みの状態でお届けいたします。専用トレイはフロア、曜日、時間帯ごとに分かれており収納もスッキリでき、配りやすくお薬管理の負担が削減されます。

お薬の一包化で配薬忘れを防止

ご入居者様別で、服用時間ごとに飲むお薬をまとめた状態でお渡しいたします。お名前、薬剤の種類、時間帯を明記することにより、飲み忘れ、誤飲を防ぎます。

薬剤師による服薬指導

お届けする際に薬剤師による服薬指導を行なっております。お薬の飲み合わせや効能効果についての説明など、正しい服薬方法をご指導いたします。

「ラーテル」とは、「株式会社リブラ薬局」様オリジナルの薬剤管理システムです。施設の患者さま一人ひとりへのトレイを使った配薬は、薬局内で薬剤師がおこないます。薬局内での配薬と、施設内での残薬確認を専用の管理簿を使用することにより、施設の患者さま一人ひとりの服用状況と施設にあるすべての薬剤の在庫を可視化することができる、薬剤管理をサポートするシステムです。在宅訪問サービスではこのシステムを導入しております。詳しくは、リブラ薬局ホームページをご覧ください。

調剤薬局だから出来る地域医療への貢献

医薬品調剤を通じて
出来る事

調剤薬局に出来る地域社会への貢献とは何かを考え、様々な活動をしております。日々の調剤活動による患者さまとのコミュニケーションや、在宅訪問によるサポートもその一環です。
現場での負担を軽減する為の薬剤管理と配達、お薬の飲み合わせや効能効果についての説明などの服薬指導。また、少しでもお薬代の負担を減らすため、ジェネリック医薬品への変更もご提案させて頂いています。直接配達できるからこそ現場職員の皆様とのコミュニケーションから、毎日の体調の変化でお気づきになった事やお悩みなど、現場を見て状況にあった医療サポートをさせていただきたいと思っています。
今後も医療を担う一員として、地域医療への貢献の為さまざまな活動に取り組みより良いご提案をさせていただきます。